合宿免許制度のメリット

免許を取る場合、教習所に通って資格を取るパターンと合宿免許制度を利用して資格を取るパターンとの二つに分ける事ができます。


どちらにもそれぞれメリットがあります。

今回は、それぞれのメリットについて説明します。

ますは教習所に通って資格を取る場合のメリットです。


1つ目のメリットは、時間を自分で決める事ができる点です。

教習所で資格を取る場合では、教習所がスケジュールを管理するのではなく、自分で予定を立てることができます。

社会人など限られた時間でしか教習所の通えない人にとっては大きなメリットになります。
自分のペースで免許を取りたい人には、通いでとる方をお勧めします。

2つ目は、自分の知っている道で教習を行うことができるところです。
地元の教習所に通えば、自分の知っている道なので、全く知らない道をいきなり運転するより安心して運転をする事ができます。

次に合宿免許制度を使って資格を取るメリットです。まず1点目は、短期間で資格を取る事ができます。おおよそ2週間程度で資格をとることができます。

教習所で資格を取る場合は最短でも一ヶ月程度かかってしまいます。教習所が混んでいる1月から3月では二ヶ月ほどかかることも考えられます。


合宿免許制度では、基本的には資格を取るまで合宿をする事になるので、短い期間で資格を取る事ができます。



2点目は、スケジュール管理が楽な事です。
合宿免許制度では、教習所に通う場合とは異なり、教習所側がスケジュールを組んでくれるため、それに従っているだけで良いので、スケジュール管理は楽になります。



3点目は、値段です。
教習所に通うのに比べ合宿免許制度を用いた方が、費用が安く済みます。


このようなメリットがあるため学生が長期休みの間に合宿免許制度を用いる人が多くなっています。

教習所に通う取り方にも合宿免許制度を用いて資格を取る場合にもそれぞれメリットがあります。

自分の状況なども考慮してどちらが良いか考えて申し込みをすべきです。